スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校ともだち

2006年08月17日 21:17

長野まゆみ。

これずっと読みたかったんだ!
卒業論文に関係ないけど、趣味として読んじゃったー。

学級日誌形式で、五人の生徒がかわるばんこに書いていくのです。
もちろん全員男の子です。第六学年です。トィとノッブとチロとチハヤとノンノン。あははははは、笑うしか。
男子書かせたら長野まゆみの右に出る作家はいませんなー。

小説としては、人間関係の駆け引きとか馴れ合いとかが面白かった。
語り手がころころ変わるから、慣れないと読みにくいかも。でも、これくらいの長さだと一息で読めるからそうでもない?
世界観が、今から30年後くらい?のものなので、紫外線とか、単語とか、微妙に面白い。長野節です。森節のそれと、中毒感は似てる。少女マンガ好きめ。

世界観。大事ですね。
オリジナリティと電波の境界線は案外太くはない気がする。
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://utsutsu2006.blog58.fc2.com/tb.php/30-f42d0e41
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。