スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「四年生」と「五年生」

2007年02月04日 16:51

木尾士目。げんしけん書いてるひとの、前連載してたやつ。
これはねー、存在知ってからずっと読もう読もうと思ってたんだけど、ついにその時を迎えました。読みました。あまりの痛いかんじに笑えました。
大学四年生の話なわけよ。あと、大学五年生の話なわけよ(これ、続き物ってことで本棚で隣に置いてあるけど、あきらかネタ晴れですよまったく)。就職活動。司法試験。フリーター。など、など、のなかで、だらだら付き合ってきた男女がどうなるこうなるってゆうマンガでした。男女ってことで、げんしけんではオブラートだったセックス的なこともがんがん出てくる。
げんしけん読んだことある人はわかると思うけど、この作者、なんかこう間とか表情とかで「あー」って思わせる人かと思ってたのだよ私。でも四年生五年生は違った。しゃべる。キレる。泣く。感情が言葉で描かれていて、どっかで聞いたことあるような、思ったことあるような言葉がためらいもなく書かれていて、もうすげーやだった。
人間だなあ、ほんと。

ほんと、終わってからでよかった。まだ四年生後期に読んでよかった。これ三年生後期の私に読ませてみ?泣くよ。ただでさえ就活に怯えてるのに、こんな未来パターン見せられたらほんとひきこもりになるよ。
げんしけんはオススメマンガだけど、これはすすめない。マンガってさ、やっぱり現実の活力にできてなんぼのものだよ。
でも、いまをリアルで描写されてみたいというマゾはマンガ喫茶に行きなさいね。
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://utsutsu2006.blog58.fc2.com/tb.php/136-319a57d5
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。