スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初夢 第三部

2007年01月05日 20:36

おしべの呪いはそれからも続いた。
けれども孤島で起こった事件以降、種たちをひとところに集めるということは行わなくなった。そのかわりに、見つけたと同時に殺していった。殺すと同時に呪いは強くなっていったけれど、それよりも呪いが怖かったのだ。

あるところに、一人の男教師がいた。先生はある日、校長に呼び出され、君の恋人を今日処刑するよと告げられた。
先生は激怒した。
「もう、人間のふりなどしてやるものか」
そう言って、五階の窓から飛び降りた。唖然とする校長を尻目に、先生はものすごい速さで恋人のもとへと走っていった。その速度も常人のものではなく、人々は怖くなった。
自分達は何か他の呪いを見落としていたのではないか?災厄は、大災厄となってまたも繰り返されるのだろうか?
すべての交通機関を停止して、軍を動かした。
先生は、河を飛び越え、湖を泳ぎ、軍隊を蹴散らした。
やがて恋人に出会うと、抱きしめて打ち明けた。
「僕はね、おしべの子孫なんだよ。君がめしべの子孫であるように、僕は、僕の一族は他の人間と違うことをひたかくしにしてきたんだ」
恋人は驚いた。おしべの子孫など、聴いたこともなかったから。
「僕らの一族は、決してめしべの子孫に近づかないように言われてきた。不思議だね。僕らには、文様がなくたって君が子孫だってわかってた。でも、君が好きだよ。好きになってしまったんだよ」
「私も、あなたが好きよ」
二人は笑う。
雨は降らなかった。
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://utsutsu2006.blog58.fc2.com/tb.php/119-8ee33e03
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。